« 日本辺境論 | トップページ | 保守新生 »

田母神大学校

田母神俊雄氏の著書。日本はこれからどうすべきか?

日本人はこれからどうすれば国際社会で役に立てるか?

この視点で考えている人のほとんどが円を海外に出せば
いいと安易に考えているに違いない。

日本のこれからの国際社会での役割はいかに中国の軍事力を
牽制するかにかかっていると思う。

同盟国のアメリカもこれに一番期待しているのが現実だと思う。

しかし日本国民は核に反対、自衛隊にも反対とまったく話にならない。

いつまでお花畑の住人でいるつもりなのか? 信じていれば救われるのは
宗教の世界だけで政治の世界ではそれは無理だ。

日本はもう一度世界に意見するときが着たのではないか?
アメリカ主導のこの世界情勢に各国の人は皆納得言っているのか?

日本人が世界に意見するなんて? と思っている人は戦後教育にはまっている
残念な人だ。

もう一度日本人は誇りを取り戻し世界に冠たる日本を取り戻すべきだ。

おすすめ度:★★★★   (最高は★5つ)

田母神大学校

にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ  BS blog Ranking

レビュープラスはブロガーと企業とを結びつけるレビュー専門ブログネットワークです

|

« 日本辺境論 | トップページ | 保守新生 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 田母神大学校:

« 日本辺境論 | トップページ | 保守新生 »