« 国防論 | トップページ | 座して平和は守れず 田母神式リアル国防論 »

自衛隊風雲録

田母神俊雄元航空幕僚長の自伝的書籍。

危険人物として航空幕僚長を事実上更迭された田母神氏だが実にジョークが好きで明るく、自分でもよく言っているが「5分も話せば私がいい人だということが分かる」「私はみんなから愛されている。私を愛していないのは妻だけである」などど言い非常におもしろい人だ。
それだけではなく田母神氏は非常に前向きだ。更迭された日も「動揺しなかったというば嘘になるがまあしょうがないか」と思ったらしい。
それに主張すべきは主張するという姿勢があり、中国や韓国などの国際協力が必要だといわれる場でも「中国や韓国の言い分を認めなければならないというのはおかしい」「反論してこなかったから摩擦が生じている。今反論しなければ将来もっと大きな摩擦が生じる」「日本の言い分もちゃんと言ってお互いの考えを述べ話し合ったほうが、より理解が深まり強力な関係が出来る」と、まあ当たり前のことだがこれが出来ていない日本の政治家は多い。

子供の頃から成績優秀で運動もでき人気者だったそうだが、人物を見れば十分伝わってくる。非常に勉強熱心で責任感が強く、しかも情熱的だ。
「志は高く熱く燃えよ」と部下を鼓舞し、本書の中で「田母神流組織論」という15からなる理論を展開している。
航空自衛隊5万人のトップなので考えてみれば当たり前なのだがリーダーとしても非常に頼もしい。
こんな上司ならば仕事も非常にやり易いし、自分自身も伸びると思う。
これからもいろいろな場所で力を発揮してほしいと願っています。

おすすめ度:★★★★   (最高は★5つ)

自衛隊風雲録

にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村

レビュープラスはブロガーと企業とを結びつけるレビュー専門ブログネットワークです

|

« 国防論 | トップページ | 座して平和は守れず 田母神式リアル国防論 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自衛隊風雲録:

« 国防論 | トップページ | 座して平和は守れず 田母神式リアル国防論 »