« たかじんのそこまで言って委員会 超・国防論 その2 | トップページ | 自らの身は顧みず »

たかじんのそこまで言って委員会 超・国防論 その3

関東や東北以外のほとんどの地域で放送されている超人気番組のDVD化。

「国防スペシャル」「沖縄集団自決問題」「今こそ国益を問え!」の三本。

ほぼノーカットの編集で2枚組みで4時間以上のボリュームだが、あまりの内容の濃さに一気に観ても長さをあまり感じない。それどころかもう終わってしまうのと感じるぐらいだ。

「今こそ国益を問え!」では櫻井よしこ(フリージャーナリスト)をゲストに迎え国益とは何かを問う。

この人は物腰が柔らかだが厳しい意見を笑顔でさらりと言い、話しが分かりやすく論理的でとてもチャーミングだ。皆が櫻井さんの意見をじっと聞いてる静かな委員会も珍しい。

このDVD収録当時の首相福田康夫は「あなた、友達の嫌がることをしますか?」などと言っていたが櫻井さんは「国と国との関係は友達づきあいと一緒ではない。」「あの方は勉強なさってないんじゃないかしら」とバッサリ切る。

特に印象に残ったのは中国の外交政策の話。江沢民は日本を分析し2つの外交政策を打ち出した。1つはアメリカを通じて日本を動かす。もう1つは日本は押せば引く国である。

これを聞いたときハッとした。確かに日本は押されれば引く。引いたらまた押される。この繰り返しの外交姿勢だ。これではどこまで譲歩しても限がない。「あなた、友達の嫌がることをしますか?」と言う意見がどれほど眠たい意見かが分かる。

もうひとつ印象に残ったのはフランスの哲学者が言った言葉らしいが「歴史を知らない人間は人間ではない」自国の歴史を知らない日本人は本当に日本人といえるのか?

日本の歴史、特に近代史にはいろいろな意見がありなかなかまとまらない。しかし何が問題かを知らない人はあまりにも多いのではないか?

そんなことを考えさせられる作品です。

おすすめ度:★★★★★  (最高は★5つ)

たかじんのそこまで言って委員会 超・国防論(2枚組) [DVD]

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

|

« たかじんのそこまで言って委員会 超・国防論 その2 | トップページ | 自らの身は顧みず »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たかじんのそこまで言って委員会 超・国防論 その3:

« たかじんのそこまで言って委員会 超・国防論 その2 | トップページ | 自らの身は顧みず »