« 自衛隊はどこまで強いのか | トップページ | 国防論 »

この身、死すとも「これだけは言いたい」

田母神俊雄元航空幕僚長とエコノミストの長谷川慶太郎氏の対談。

日本は核武装どころか核の議論さえ国会で出来ない状態になっているという。故中川昭一氏はさらに非核三原則ではなく五原則だという。「持たず、作らず、持ち込ませず」に加え「発言させず」「考えさせず」という空気が蔓延している。
しかし現在の東アジアの状況は北朝鮮が核を持ち、中国は20年連続2桁%の軍事力を増強している。
日本も核兵器保有までを視野に入れた議論をすべきだ。ニュークリア・シェアリングという耳慣れないシステムがありNATO加盟国は有事の際にはアメリカから核兵器を引き継ぐシステムで日常的に訓練しているそうだ。
核兵器保有は現実的ではないから議論すべきではないという人はたくさんいるが保有まで視野に入れた議論をしないと絶対に実現しない。この議論こそが核兵器保有と同じで抑止力になる。
田母神氏は日本の核武装に一番適しているのは原子力潜水艦だという。一度潜ったら2~3ヶ月は浮上しないままの状態でいられる。日本には原潜はないがエンジン式の潜水艦技術は世界でもトップの水準にある。

まともに戦える体制を整えておかないと益々中国の言いなりになってしまう。
原潜、空母などを配備し、憲法改正と国民の理解得て中国とにらみ合えるようになってないと将来日本は中国の属国になっている可能性が高い。
チベットやウィグル自治区を見てもわかるとおり中国の人権蹂躙と民族浄化は凄まじいものがある。

日本の美しい歴史や文化の火が消える前に。

おすすめ度:★★★★    (最高は★5つ)

この身、死すとも「これだけは言いたい」

にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 レビュープラス

|

« 自衛隊はどこまで強いのか | トップページ | 国防論 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この身、死すとも「これだけは言いたい」:

» こんなボクでもやれましたwww [34歳元どーてい]
ヲタク友達のCくんに教えてもらったサイトにいったらホントに童_貞かってもらえたw 今じゃリア充でペ_ニ_スでかせいじゃってますw 今日も亜鉛飲んでいってきますwww [続きを読む]

受信: 2009年10月17日 (土) 07時25分

« 自衛隊はどこまで強いのか | トップページ | 国防論 »