« 気高く、強く、美しくあれ―日本の復活は憲法改正からはじまる | トップページ | 新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論 »

櫻井よしこの憂国―論戦2009

櫻井よしこさんの著書。沈み行く日本の活路を開く最新時論集。

軍事と外交は国家の両輪である。この二つが機能しなければ国家はまともに動かない。日本は片輪をもがれている状態を大東亜戦争後ずっと続けてきた。
中国は過去日本の軍事力増強を驚異に感じていた。しかし今はまったく相手にしていない。それは日本がどれだけ軍事力を増強しても何も出来ないことを知っているからだ。日本の近海をウロウロする不審船には手出しできず、尖閣諸島周辺に海洋調査だといって堂々と領海侵犯してくる中国船には「遺憾である」と言うだけで何もしない。
軍事という片輪がおかしいと、もう片方もおかしくなるのは世の常で外交までおかしくなってしまう。他国は日本の言う事を聞くわけがない。実害がないのなら聞く必要もないと思っている。これではどれだけ外交努力を続けたところでまるで意味がない。
日本の問題の根本はやはり歴史教育にある。ここを見直さなければ日本は先に進めない。

おすすめ度:★★★★   (最高は★5つ)

櫻井よしこの憂国―論戦2009

にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

レビュープラスはブロガーと企業とを結びつけるレビュー専門ブログネットワークです

|

« 気高く、強く、美しくあれ―日本の復活は憲法改正からはじまる | トップページ | 新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 櫻井よしこの憂国―論戦2009:

« 気高く、強く、美しくあれ―日本の復活は憲法改正からはじまる | トップページ | 新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論 »